庭のガーデニングを豊かにする|ゴージャスな雰囲気作り

人工の芝を張る

芝

施工の流れ

庭に人工芝を張ることで年間を通して緑の芝を楽しむことができますし、芝が伸びることはないため手入れを行う必要がありません。人工芝は施工の流れを知っておくと、自分で張る作業を行うことも可能なので、庭仕事の好きな人はチャレンジしてみるといいです。人工芝を張ろうとした場合に最初に行うのは、芝を張りたい場所の雑草や石を丁寧に取り除く作業です。特に雑草は根が残っていると、人工芝を張ってから突き破って生えてくるため、根を残さないように丁寧に取り除きます。雑草と石を取り除いたら土を固めて平らにする作業を行いますが、土の水はけが悪い場合にはホームセンターなどで売っている砂を撒いて、土の水はけを改善します。土を平らに固めたら雑草を防ぐために防草シートを敷き詰める作業を行いますが、この時に光が漏れていると雑草が生える原因になるため注意が必要です。そこで、何枚も防草シートを使うときには重ねて敷き詰めると、光が下に漏れるのを防げます。防草シートを敷き詰めたら人工芝の芝目に注意して張っていきますが、この時も光が入らないように隙間に気をつけます。人工芝を繋ぎ合わせるときには専用のテープで張り合わせていく作業を行い、接合する部分の人工芝をめくって繋ぎ目にテープを設置します。庭の形状によってはテープで繋ぎ合せる必要はないため、必要に応じて人工芝の張り合わせを行います。人工芝を敷き詰めたら最後に外周を専用の釘で固定しますが、負荷がかかりやすい場所は釘を打つ間隔を狭くします。