庭のガーデニングを豊かにする|ゴージャスな雰囲気作り

ガーデニングに最適です

野菜

ホクホクとおいしいジャガイモはガーデニングでも栽培可能です。春と秋の2回に分けて収穫できるほか育て方も簡単なのでおすすめです。ジャガイモ栽培を始める際は種芋を準備するところから始めましょう。家庭で余っているジャガイモを利用して栽培することも可能ですが、病気を避けるためにもホームセンターで売っている種芋を利用する方が安心です。準備した種芋は明るい場所において芽だしをおこないます。この芽だしをおこなう際は直射日光を避けて明るい場所に置くようにします。表面に芽が出てきたら大きいものは3等分、中ぐらいのものは2等分にします。小さい種イモは切り分けると腐る可能性があるのでそのまま利用しましょう。切り分けた種芋は2日から3日ほど乾燥させ、切り口には草木灰をまぶしておきます。これで種芋の準備は完了です。種芋の準備ができたら次は畑の準備を始めましょう。畑の準備では根がしっかりと貼りやすいように盛り土を行います。土は水分量が多いと種芋が腐る原因となるのでやや乾燥した土を用います。畑の準備ができたらいよいよ植え付けです。植え付けをする際は芽を下側にして30cm間隔でおこないます。芽をした側にするのは、伸びてくる芽にストレスを与えて丈夫な芽を作るためです。このようにしておけば病気に強い丈夫なジャガイモが育ちます。以上のような育て方をすれば4ヶ月ほどで収穫できるようになります。育て方が簡単なジャガイモではありますが連作には弱いので、庭を利用して栽培する場合は収穫ごとに場所を変えるようにしましょう。以上が簡単なジャガイモの育て方です。